遺言・相続

遺言について

自分の財産をどのように相続してほしいか、ぼんやりと考えている方は多いでしょう。

相続する人もそれぞれにぼんやりと想像していることが多いと思います。

しかし、それぞれの考えは実はわからないもの。

いざ相続という場合に思わぬトラブルが生じたとしたら困ってしまいますよね。

また、そこでお勧めするのが遺言書の作成です。

遺言には、自筆証書遺言と公正証書遺言があります。

自筆証書遺言とは、遺言書を残そうとする本人が自筆で書く遺言書のことです。
費用もかからず、思い立ったらいつでも書けますが、民法で定められた方式に従って書かないと無効になってしまうことも。
公正証書遺言は、公証役場で公文書として作成する遺言書のことを言います。
公証人の手数料など費用がかかりますが、偽造される危険や紛失の危険がありません。

また、相続手続きがスムーズに進むメリットもあります。

どちらの遺言書につきましても、作成のご相談から完成まで、作成される方のお気持ちがきちんと形になるようにサポートしてまいります。

ご家族構成や、単身の方、お子様のいらっしゃらない方など、漠然とした「そのあと」の不安をお持ちの方には、今、何を準備しておけば良いのか、というお話もさせていただけるかと思います。お気軽にご連絡ください。

 

相続について

家族を見送り、お悲しみの晴れないうちに遺族は様々な実務処理をこなさなければなりません。

お心のご準備がある場合ならまだしも、突然の出来事では戸惑われることと思います。

そういったときに相続についてのサポートをご用意しております。

相続人の調査や関係図の作成、財産目録の作成と遺産分割協議書の作成等承ります。

なお、行政書士は裁判手続きや代理交渉など、争いのある業務はお受けすることができません。

万一そういった事態に発展した場合は、弁護士や認定司法書士の先生におつなぎさせていただいております。

価格表

自筆証書遺言 起案作成指導 42,000円〜

(文面のチェックのみ 21,000円〜 メール、FAX利用可能)

公正証書遺言 75,000円〜

(公証人手数料、印鑑証明書等別途実費)

秘密証書遺言 75,000円〜

(公証人手数料等別途実費)

相続人及び相続財産調査 70,000円〜

(相続財産、相続人の複雑さにより変動あり)

遺産分割協議書 54,000円〜