仙台のHACCPといえば

離婚・離婚協議書作成

離婚したい時、一体どうしたらいいのか途方にくれる方は多いです。

 どこに相談していいかわからないことも。ことにお子さんがいらっしゃる場合、財産分与について。

 話は決まっていてもそれは果たして守られるのか不安になることも少なくないと思います。

離婚を急いでしまって、必要な条件を設定し損ねてしまう場合もあります。

それを防ぐために作っておきたいのがいわゆる離婚協議書。

これは公正証書にすることで法的に力を持つ書類とすることができるのです。

また、養育費や財産分割などはないから・・・と思っていらっしゃる方も、公正証書にしないまでも離婚協議書の作成はお勧めします。あの時はこういった、ああいった、という、言った言わないの水掛け論を後々再燃させないためにも、「誰が見てもわかる」離婚協議書を作成されておくことは、そこからリセットして再出発するために有益だったとの声も聞きます。

今の状況とご自分の望む形とを、ご相談の中できちんとお話ししてください。

納得いく形で新しい道に不安なく踏み出していただくためのサポートをさせていただきます。

残念ながら協議離婚で決着がつかなかった場合には弁護士の先生をご紹介させていただいております。

・離婚の意思は決まっているけれども、離婚を急いで後で困らないようにしたい。

 ・離婚すれば解決すると思っているんだけど、本当にそうなのかな、と迷っている。

 ・子どものこともあるし、トラブルを避けて決めることはきちんと決めておきたい。

・・・・このような時にはぜひご相談ください。

その他、相手の方から突然離婚協議書を提示された場合があります。

気も動転している中で、どういうことが書いてあるのか、もしかして自分に不利なのでは?というご心配がありますよね。そんな時にもどうぞご相談ください。文面を拝見させていただいて、内容のご説明をさせていただきます。もしその先、お二人の意向が違ってくるようでしたら、その場合も弁護士の先生におつなぎさせていただきます。


離婚について、ブログも更新しています。

DV被害と加害

報酬価格表

離婚協議書 32,000円〜

(契約書としての作成。相談料込み、メール、FAXでのやりとり可能)

公正証書としての離婚協議書 45,000円〜

(公証役場の手配、やりとり込み。公証人手数料など実費別途)

文書チェック 21,000円〜

 

最初のご連絡は携帯のショートメッセージでも可能です。

書面作成をご依頼いただいた場合、面談・相談料は報酬に含まれます。